私のおっぱいガンなんです。浸潤性小葉癌らしいよ?

39才乳ガンになりました。浸潤性小葉癌です。告知から治療、日々の日記です
edit-notes16.png--.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

⇒ スポンサーサイト ▼ スポンサーサイト

edit-notes16.png2014.12.24.
ichiran16.png告知まで

⇒ 告知 ▼ 告知


 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

食事療法について考える

食事療法について考える

食事療法について…。

今までの私の食事、まあ人様に言えたもんじゃないくらい、好きなものを食べたい時に好きなだけ食べる食生活。
改めなくてはと思い、癌患者さんのブログや食事療法のサイト、書籍などいろいろと見る毎日。

○○式食事療法…など比較してみたり。
全部書いてある事が違うので、どうしようかと悩む。

とりあえず、私は両親と同居しているのと育ちざかりの子供がいるので私に食事を合わせてもらう事は難しい。
人参ジュースも出勤時間が早いので無理かなあ。
でも、何もしないのは良くない!ってな訳で、できる範囲でやって行こうと決めました。
 
肉は食べない。乳製品、卵を食べない。
スイーツ、スナック菓子を食べない。
さとうはてんさい糖にする。
塩分控えめ、野菜、果物を多く摂る。
油っぽいものを控える。

いろいろ細かいところはどうしようか決められず。
例えばコーヒー、紅茶。大豆。
だしに使う肉類。香辛料はOKなのか?お酒は?

なんてことを毎日考えている。
日に日に食事が怖くなっていく。食べたものが今後の運命を決めると思うと怖い。
スーパーに買い物に行くと買うものをなかなか決められない。



先日、クマオ君と外食をした。
もちろん、野菜ばかり注文する私。
クマオ君はお肉も乳製品も注文する。私が神経質にこれはダメだのあれは良くないだの食材について
話してる間、うんうん。と聞きながら何も言わないクマオ君。

家に帰ってなんだか違う気がすると腹がたってきた。食事が怖いって何?!と自問自答。
クマオ君にメールで食事療法をどう思うか聞いてみた。

返信は一言、「食薬 食楽♪」

そうね。食べるの楽しくないとね。
と気付かされました。

私が怖いのは食事じゃなくて癌、死が怖い。
怖いから、食事療法にすがっている。これじゃダメなんだろうな。

もうすこし、ゆったりとした気持ちで食事療法できたらいいな。
とりあえず食事療法は、今後の課題です。
メンタルを保つのも課題だなあ…。



FC2 Blog Ranking






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Guide
 
 

振り返って2

振り返って2

私はお酒を飲みに行くのが好きで、長年一緒に飲んでいる友人がいる。

Y子というのだが、とにかく飲み方が合うというか、オヤジなのである。
女子会なんて素敵なものではなく、婦人会、オヤジ会である。

オシャレなBARなどは一緒に行ったことがなく、だいたい玉のれんをくぐるとコンクリート打ちっぱなしの床、
演歌がBGMで美味しいおつまみのある大衆居酒屋ばかり私たちは好んだ。

Y子も「素敵な人生」を生きてはなかったが、私たちは毎日必死だった。不器用ながら人生に、生き方に必死に向き合っていた。
辛い時、嬉しい時、誰にも言えない弱音なんかも語った。
たまに行くその時間が好きだった。
 

ほんの数カ月前、Y子と私は玉のれんをくぐって私たちしか客のいない居酒屋でビールを飲んでいた。
店のママと3人で世間話をしていた。

その店はその近所で一番古い店だ。いろんな店が不景気で閉店しても
その店はずっと続いている。確かにつまみは美味しいが店のママは積極的な感じが全く無い。やる気が全面に出ていないのである。

真っ黒な長い髪を一つに結んでいつも黒い服に紫のエプロンをして、
アダムスファミリーの母役の人に雰囲気が似ている。
ゆっくり低い声で「  いらっしゃい。  」と言う。

一度ママに
「お店を長く続けていてすごいですね。続けていくってどんな事でも難しい。」と言ったことがある。

「 どんな時も休まず続けるって事かしら…?覚悟よ…。  」
と言っていた。そんなママが私は好きだった。
 
その日私は酔ってY子とママに
「私ね、今まで生きるのが辛かった。
でもね、最近生きていて良かったってやっと思えるようになったんだ。」と言った。

Y子は何も言わず微笑んだ。ママが興味無さげに
「 幸せ? 」と言った。

私は「うん。幸せ…かな?」
3人は何も言わず微笑んだ。
 
その数日後に、乳癌検診の結果が出た。
 
まだまだ乗り越えなきゃならない。
思うように行かないのが人生。
生き続ける覚悟はできている。
 
Y子に癌をメールで伝えたら、
「ずっと待ってるよ。」と返ってきた。
また必ず良くなって飲もうね。Y子。負けないよ。




FC2 Blog Ranking






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村










Guide
 
 

振り返って1

振り返って1

今までの人生振り返って、…人生って言ったってそんな壮大なテーマでもなんでもないんですけどね、
素敵な人生ではなかったんですね。トホホな感じが否めない。

若いうちに結婚して、結婚5年目までは子供も産まれ日々忙しく平凡に暮らしていたのですが、
突然の夫の浮気。発覚から坂道を転がり落ちるようにいろんな事があり、
離婚してくれと夫に言われ、拒否したら暴力が始まり…。
ずたずたの生活。今思えばさっさと離婚してりゃ良かったものの、
いつか気づいてくれるなんて思っていた当時の私、痛いです。
 
帰ってこない夫を待ち、帰ってきたら出て行けと殴られ。
殴られている音や声が聞こえても助けてくれない義父、義母。 
そんな毎日に疲弊し精神が病み、相手親族に全て私が悪いという事にされて離婚。

ああ。書いていてイタタタタ(>_<)
もっとしっかりしてくれ!昔の自分!


若いうちに結婚して短時間のパート勤めになったものだから、人様に言えるような職歴も無けりゃ、スキルも無い。
娘も小さいし精神も病んでる。

 
なんとか仕事に就き、病気の事は会社に隠して体調悪いながら働く毎日。
仕事中トイレでリバース(汚い話でごめんなさい。)しながら仕事した日も。
 
少しずつ病気も良くなり、子供も成長してきて資格を取ったり、一生働けるような職場へ転職したいとずっと思っていた。
紆余曲折なんとか今の職場へ正社員で雇ってもらえたのが4年前。

その後クマオくんに出会い、私の心も格段に落ち着いてきた。

続く

FC2 Blog Ranking






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Guide
 
 

君に会いにきたんだよ

君に会いにきたんだよ

12月26日紹介状を持ち乳腺科の評判の良い病院に朝早くに到着。
受付を済ませ待合室に行くと、びっくり。
今時の?病院ってすごい。ホテルのような内装。
椅子も背もたれにクッションがある素敵な椅子だし、思わず内装を写メで撮ってクマオ君に送ってみる。

すごく待ちますとの事だったので、小説2冊持参。
読んで待っていると、思いがけず早い時間に呼ばれる。

とうとうご対面。
私の主治医になる方。
すごく緊張した。自分の運命握ってると言っても過言じゃない人。
相手を信じきれなければ、長い闘病も尚、辛いものになってしまう。

こちらの緊張が伝わったのか、心をほぐす為に世間話もおりまぜて、丁寧にゆっくりと説明してくださった。

私の癌は小葉癌という特殊な癌であること。
詳しい事は手術前検査をしてから伝えるので、とにかく心配しすぎないこと。
私の仕事、生活スケジュールに合わせて治療していくことが可能だということ。
この先生にお願いしたいと思った。

「治るから心配しないで」
と優しい口調で何度も言ってくださった。

もちろん100%治ると断言できる病気ではない事はわかっている。
安心させたいという先生の気持ちが嬉しかった。

過去私は2度他の病気で入院しているが、2度とも医師不信になるくらい傲慢な態度を取る主治医だったので
今回 ラッキー!と心の中で叫んだ。

診察後、尿、血液検査、マンモグラフィー、超音波検査をして終わる。

やっと前に進みだした気がした。

本日のお会計8370円
 
FC2 Blog Ranking






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
Guide
 
 

告知

告知

メリークリスマス☆

12月24日イブざます。
こんな街中がクリスマスで浮かれきっている日に、私は癌告知を受けに朝早くから病院へGO!
ようやく癌告知の日。ようやくなんて言うと待ちに待った嬉しい日みたいに聞こえるが、
嬉しくはもちろんないけど、待つだけの時間が苦しかったのでこの日が来るのを指折り数えていた。

名前を呼ばれて診察室に入る。
とってもゆっくり落ち着いた言葉で告知された。
クリスマスイブなのにごめんねって言ってました。
そんな、先生だってクリスマスイブなのに告知したくないよね。

紹介状を書いていただき、検査結果やプレパラートなどもらい病院を出ました。

紹介状を書いていただいた病院は乳腺科がとても評判の良い総合病院。
電話で予約を取る為電話したところ、

「予約は3、4月までいっぱいです」とのこと。
まさかの3、4カ月待ち?!
「待てないようでしたら一日待つ覚悟で予約なしの外来でいらしてください」
よし!1日待ってやろうじゃないの。
2か月以上待ってたら、1日くらいの病院での待ち時間なんてことないよっ!

2日後の26日行くことに。

メリクリだし、ジングルベルだし、ニューガンだし。

とんだクリスマスプレゼントだな。

今日の会計、1130円

FC2 Blog Ranking






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
Guide
 

Menu

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Author:はな
はなです。18才の娘の母です。39才で乳癌が見つかりました。浸潤性小葉癌です。乳癌の疑いが出た時、乳癌について調べている時に乳癌患者さんのブログで勉強になり、勇気づけられたので、私も自分の記録用と微弱ながら誰かの力になれれば…と思いブログ始めました。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。